百年開花

日本における養蜂の草分け 大正元年創業の水谷養蜂園

大正元年(1912年)、三重県にて初代・水谷松治郎が創業。
以来、百年という長い歴史をみつばちと共に生きてきた水谷養蜂園。
初代当主である松治郎は、わずかなみつばちを手に入れ育てるうちに、彼らの営みが人間のみならず、地球上に存在するあらゆる生物にかけがえのない恩恵をもたらすことに深く心を打たれました。
平成24年に百周年を迎える水谷養蜂園は、創始者・松治郎の思いを受け継ぎ、より多くの方々に養蜂の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

わずか3箱のみつばちから、百年の歴史が始まった。

昭和初期の巣板

昭和5年 滋賀県近江八幡での採蜜風景

創業者である水谷松治郎は、当時養蜂がさかんだった岐阜からわずか3箱の西洋みつばちを譲り受けました。当時の養蜂は、決まった土地に巣箱を置き、その周辺に咲く花々の蜜を集める「定置養蜂」と呼ばれるものが主流でした。松治郎はみつばちが集めるはちみつのおいしさに感動し、家族や近隣の人たちが喜ぶ姿を見て創業を決意。大正元年、花の咲く時期に合わせてみつばちと全国を旅する「転地養蜂」を取り入れ、本格的な養蜂業をスタートさせました。

花を求めて、南から北へ。近代養蜂のフロンティア

昭和5年 北海道十勝平野蜜場 
花の咲く時期に合わせて、
みつばちとともに北上する。

昭和5年 三重県志摩 みつばちの越冬

転地養蜂は特定の花の蜜だけを採取することができるという、当時では画期的な方法。まさに日本の養蜂業の草分けともいえるものでした。 この転地養蜂の技術をさらに高め、近代養蜂の基礎を築き上げたのが二代目・清一。昭和3年、正式に「水谷兄弟養蜂場」を設立し、試行錯誤を繰り返しながら独自の転地養蜂を確立。花咲く季節に合わせて北から南へ移動する際のみつばちの安全な運搬方法や、はちみつの自然なおいしさや栄養素を守る技術などを次々に開発しました。

〝蜂の神様〟と呼ばれるほどみつばちの生態に精通していた清一は後継者の育成にも尽力し、養蜂業の発展に大きく貢献。昭和14年には日本養蜂連盟を結成し、昭和40年、全国に先駆けてイチゴ(ビニールハウス栽培)の受粉にミツバチを利用し成功した等さまざまな功績が高く評価され、勲五等を受賞するに至りました。

二代目・水谷清一(左)
手にしているのは、女王蜂を育てる王台。
ここからローヤルゼリーを採取する。

二代目・水谷清一
平成3年、養蜂における功績が認められ勲五等瑞寶賞を授与される。