オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>オリンピックで輝く日本企業

オリンピックで輝く日本企業

2010年02月08日

土曜日からオリンピックが始まり。

さっそく、上村愛子ちゃんモードでテレビ観戦。

「ウワ!!行け! お願い。 外国人選手転べ!」などなど

テレビの前で騒ぎまくる。妻と子供たちに冷ややかな眼差し

を浴び、なんちゃって愛国心丸出して応援。

昨日はテレビは観れなかったのですが、男子スピードスケート

で銀・銅メダル獲得の一方が電車の移動中 掲示板に。。。。。

おいおい。スピードスケートノーマークではないか。

早速夜のニュースを確認。

長島圭一郎が銀、加藤条治が銅メダルを獲得

ともに日本電産サンキョー所属とのこと。

なに日本電産!あの永守会長の会社なのか?

記事ネタでは、業績不振のサンキョーを日本電産が

支援、その際スケートチームも解体の話が当然あがったらし。

しかしながら、永守会長がお金にはみえない価値がこの会社には
あると判断し、今まで以上のバックアップを誓ったとのこと。

やはり、ずば抜けて洞察力のある方だ。

お会いしたことは当然ないが、自分が凹んだときによく、永守さんの
書籍をよみ、勇気ずけられる。

日本刀でばっさり切る感じ。経験からくる論理は痛快である。

今の日本に少ないタイプの経営者だ。とかってに思っている。

当然2名の選手はすばらしい。しかし永守会長あってのことなのか。

よろしければ、永守氏のブログを是非一度ご覧ください。

http://www.nidec.co.jp/corporate/top/index.html