オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>人生というマラソン

人生というマラソン

2008年11月08日

週末、大学駅伝が三重県で行われた。

名古屋から伊勢までの距離でたすきを渡して学生さん

が競い合う。

開催日を全く知らなかった私は、お昼に子供たちと家を

でた。そのとたん大渋滞!

こんな田舎で渋滞なんて本当に珍しい!何事か?

その原因が、この大学駅伝だった。

081102_1221~02.jpg


仕事をよくマラソンにたとえるがまさに通じるところが

ある。

第一集団 第二集団 と時間がたつにつれ分かれていく、

第二集団にいる選手が、1着でゴールをきることはまずない。

スタートダッシュで苦しくとも第一集団にいないと1着のゴール

はない。

先ほど引退されたQちゃんが、雑誌かなにかで言っていた言葉で

先頭を走っているときは不思議と疲れを感じない。けど2番手以降

を走っているときは、前の選手のペースで走らなくてはいけない。

そのときは本当に疲れるのです。と。。。

どちらも、仕事に通じる話である。