オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>北京オリンピック

北京オリンピック

2008年08月19日

普段愛国心のかけらもない私であるが

この時期だけは、ガンバレニッホン!!モードになる。

日の丸、国歌にあついものがこみ上げてくる。

4年に1度のこの大会にベストなコンデションにするため

各選手は想像を超える努力をする。

4年間のトレーニングは当然ながら、小さいころからこの日

のために練習に励んでいる選手もいる。

その結果は人それぞれであるが、選手だれも言い訳をしない。

まさにプロフェッショナルだ。

私のように、「蜜がとれない。」とか「暑い!!」とか言い訳を

しない。

結果がでなかった選手誰一人も言い訳をしない。

他人・環境等の責任にしたいこともあるだろうに。

これがプロフェッショナルなのであろう。


少年期からの訓練で人間はここまで偉大になれるのか?

自分の仕事に置き換えると本当に恥ずかしくなる。

<<人それぞれにいろんな環境があり、その環境下でしか
 人は成長しない。

いかなる状況下でも、自分を信じ努力し続ける。

それができたものだけが、成功者となる。>>


わかってはいるが、容易くできるものではない。