オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>交配ミツバチ準備スタート

交配ミツバチ準備スタート

2008年07月21日

採蜜もほぼ終了。

夏真っ盛り!暑い!何℃や!34℃! 殺すきか!

北海道・東北のハチ屋さんが羨ましい。

この暑さ、わかるわけがない。

昼間に仕事ができる環境ではない。

と言いながらも、

農業新聞にはこんな記事が   ↓ ↓

2008年度に農家が仕入れを予定している花粉交配用
ミツバチのうち、16%以上が輸入を当てにしていることが
農水省の調べで分かった。昨秋から女王バチの輸入が
停止しており、この状態が続けば不足の恐れがある。
10月から使用が本格化する交配用ミツバチの確保を急ぐ
必要がある。

調べによると、花粉交配用ミツバチは08年度、
イチゴやメロン、スイカの主要産地で10万5000群の使用を見込む。
うち1万7000群は、輸入女王バチを使う大手業者からの
直接仕入れを予定しており、この分が不足する恐れがある。


交配用ミツバチが不足しそうなのである。

なんとかミツバチを作らねば!!

国産はちみつは今年不作だ!せめてミツバチくらいは

作らなければ、そのぐらいできなくてどないする!

でも暑い!! ミツバチも萎えている!!

080717_1025~01.jpg