オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>捨てすぎニッホン

捨てすぎニッホン

2008年06月07日

日本では、食べ物をどのくらい捨てているのか??

正確なデーターはないらしいのだが、厚生省(当時)が、1996年にそれらしきまとめがあるので
参考にすると、

家庭からは1000万トンの食品が一般廃棄物として出されています。私たちの様な食品会社から
でる一般廃棄物が600万トン、産業廃棄物として340万トンらしい。


 一般廃棄物は、そのほとんどが焼却や埋め立てなど、他の廃棄物と同様に処分されていて、
5万トン(0.3%)が肥料になっているだけです。


産業廃棄物の方は、48%にあたる163万トンが肥料や飼料などに再生利用されています。

全体では、1772万トンが焼却・埋め立てられています。

 
日本は、食品をたくさん捨てている、同時に輸入大国でありです。

食料全体での統計が難しいため、一番輸入量が大きい穀類につい
て考えてみると

1996年度、穀類は、国内生産量約1000万トンでした。

ほぼ、家庭での食品廃棄量と同じです。

穀物輸入量 2800万トンらしい。

 
専門家ではないので正直問題があるかもわからないけど、
日本は、2800万トン以上の食料を輸入し、1700万トンを食べ
ずに捨てているのではないだろうか???


いかにして、食品廃棄物を減らし、食料輸入量を減らし、
そして、国内生産量を増やすかということは、食料輸入大国、
廃棄物大国である日本の大きな課題です。

日本の農地で「作りやすいもの」と、今の私たち日本人が
「食べたいもの」の差が、輸入食料となり、簡単に輸入できることが、
簡単に捨ててしまえる社会を作っているのではないでしょうか?

いずれにしろ、私自身から「食べ物を捨てない努力を」
そして生産者として輸入品に負けない生産物を作っていかなくてわ!