オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>長野上陸珍道中

長野上陸珍道中

2008年05月22日

松阪のミツバチが小休止している19日の夜から

長野に出発。

その日は、台風の影響で大雨。出だしから嫌な予感は

確かにあった。

6時ころ長野に到着。

いつも朝ごはんを食べる食堂へ。この食堂本当にまずい。

がこの日食べた豚汁定食はやけにうまい。不思議だ。

その後、新しくミツバチを置く蜂場の草刈。

草刈というよりは、山刈といった感じ。

木々を投げたおして、ミツバチを置くスペースを確保。

ここで問題発生。 スペースの中央部に直径 40センチ・長さ

10m位の大木が、横たわってるではないか。

私 「F田くん 電動のこぎり」

F田 「そんなのありません。これしかありません。」と取り出した

のが家庭用大工道具用のノコギリ。

愕然としながらも、これしかない現実に

私 「キルで!」

ギコギコギコ。。。。。 30秒後 

私 「F田くん 交代!」

ギコギコギコ。。。。 40秒後

F田 「 もう 手が動きません。。。」

この会話を 30分位繰り返したところ。

F田 「てこの原理を使いましょう!」となにやら

F田くんとは思えない言葉が突然出てきた。

なにをするかと思いきや、4.5kのハンマーを持ち出して
きて、「エイシャラ〜。」と切れかけの大木をたたき出すでは
ないか。

これのどこがてこの原理やと思ったのだが、あまりの疲労に
いう元気もでない。

4.5kのハンマーを7回位振り回したF田君もようやく疲労のため
きずいた。

結局、草刈に2時間くらいかかって終了。

そのあと、お世話になる地元の養蜂家さんと地主さんにご挨拶して

岐路に向かう。

今から帰れば、夕方5時ころには松阪に到着だ。

と中央道 中津川インターにのり、15分くらい走行中。突然

「ガタガタガタ。。」

私 「なになになに。。」

F田 「パンクです。」  ガビーン!!!


この続きは次回。。。