オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>アピモンディア2007

アピモンディア2007

2007年10月15日

今年で、40回を数える アピモンディア(国際養蜂会議)が

9月にオーストラリア メルボルンで開催されました。

DSCF0001.jpg


今回私ども水谷養蜂園は出席できなかったのですが、仲間

達からいろんな情報が入ってきました。

やはり今年一番の話題は、「ミツバチいないない病(蜂群崩壊症候群」(Colony Collapse Disorder)」

略してCCDの問題が中心だったとのこと。ウイルス説・ダニ説・気候変動説・薬害説

等々全世界の養蜂家の意見は様々の様子。

日本ではまだ正式な事例が出ていないのが幸いですが、結果次第では大事になりかねない。

このような世界会議でも必ずと言ってリダーシップを取りたがるアメリカ。

グローバルスタンダード化を試み、自分たちの論説を世界に押し付けたがる

この性格?性質?とでもいうべきか、少々世界の養蜂家もシラケ気味では

会ったようですが。。。

アメリカ農業の根本的原因が今回のCCDに影響していると考えるのは、

少なからず私だけではないようです。