オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>熱い新聞配達員

熱い新聞配達員

2007年10月03日

私の自宅に新聞を届けてくれる配達のお兄さん。

彼は、そんじょそこらの配達員とはわけが違います。

なんせ熱い男なのです。

新聞配送会社の社長というわけでもないらしいのですが、

この会社さんでは、夕方必ずミーティングなるものを開いて

お客様に何をしたら喜んでもらえるか?吐くまで考えているらしい

のです。(吐くまでとはそのお兄さんの言葉ですよ。)

その結果、業績(配下率?)は地区でトップを維持しているとか。

先日も私の妻に「水谷さんに是非この本読んでください。」と伝えたらしく

田坂 広志さん の「なぜ 働くのか」という本らしいのですが、この本を

読んだら人間の器が大ききなりますよ。とのことらしい。

<コラ! 俺の器は小さいってことか!!>と思いながら。。。。。

本当に熱い配達員の方です。

朝のひと時と週末の集金の時にしか会えませんが、

熱い男は嫌いじゃありません!