オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>インターンシップ

インターンシップ

2007年08月27日

先週、1週間水谷養蜂園では、インターンシップの

学生を受け入れました。

京都学園大学 バイオ研究の学生さんを4名です。

日ごろ、日本ミツバチの研究をしている学生さんですが

西洋ミツバチの実体験は初めて、

日ごろ勉強している内容と実践は全く別物。

IMG_1935.jpg


まして三重県は灼熱地獄。熱中症に注意して頑張っていました。

ここ何年、若者の農業(養蜂業)に対する興味も増えてきました。

ニート等騒がれていますが、学生の仕事への取り組みは真剣そのもの。

このような問題は、社会を含め企業の受け入れ側に問題があるのではない

でしょうか。若者は働きたくないのではなく、働く環境がないのではないでしょうか?