オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>アメリカで何が起きているの??

アメリカで何が起きているの??

2007年03月05日

Xファイル顔負けの記事が発表されました。

↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓

怪奇 消えるミツバチ 米24州に拡大 “過労死”?…原因不明
3月2日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=山本秀也】米国全土でミツバチが巣箱から集団で失踪(しっそう)する怪現象が広がっている。養蜂(ようほう)業者の減少で、みつの採集などの作業を通じて過度のノルマを課せられたことによる“過労死説”も出ているが、原因は分からず、国家養蜂局(NHB)が緊急調査に乗り出した。養蜂業への打撃に加え、ハチを介した受粉に依存するアーモンドやブルーベリーといった140億ドル(約1兆6000億円)規模の農作物への深刻な影響が懸念され始めた。

 全米養蜂協会によると、元気だったハチが翌朝に巣箱に戻らないまま数匹を残して消える現象は、昨年の10月あたりから報告され始めた。 27日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、この集団失踪がすでにカリフォルニア、フロリダ州など 24州で確認されたと報じた。ハチの失踪数に見合うだけの死骸(しがい)は行動圏で確認されないケースが多く、失踪か死んだのかも完全には特定できない状態だ。

 米国でのハチの集団失踪は、19世紀末から記録されており、1980年代にも2つの大型失踪が報告されている。だが、今回ほど広範囲な集団失踪は例がなく、ニューヨーク・タイムズ紙は「どの養蜂箱も空っぽだ」という生産農家の声を報道している。

 米国の養蜂業は、価格の安い中国、アルゼンチン産はちみつの輸入に押されて衰退傾向だが、主要な農産物でハチを介した受粉への依存度はアーモンドで 100%、ブルーベリーで 90%などと高い。

 ペンシルベニア州立大学の専門家マリヤン・フレーザー氏は、「州内の養蜂業者はこの25年間で半数以下に減少しており、ハチの受粉を必要とする農作物にどう打撃を与えるのかまったく予測できない」と語る。

 疑われる原因については 「過剰なノルマがハチに与えるストレス」 「農薬の影響」 「ハチの免疫系を破壊する疾病」などが挙げられているが、特定には至っていない。

最終更新:3月2日8時0分


下記URLからの記事も興味深い内容ですので、是非ともダブルクリックでご参照下さい。

→ http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200702271634

→ http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200702151632

--------------------------------------------------------------------------------

私が、推測するに何らかの人的被害!!

人的被害というのは、人が盗んだとかではなく、農薬等を含む
人間による被害だと思います。

ミツバチは紀元前から地球上に生息する生き物。
何千年もの間、子孫を繁栄させ現在まで生き続けている生物です。

それが突然いなくなるとは考えにくく、人間が作り出した地球環境の変化
なのか、人間が作り出した薬物による被害が妥当でしょう。

いずれにしろ、他人の火事ではないので今後の動向を注意したいです。