オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>第29回ミツバチ科学研究会 その2

第29回ミツバチ科学研究会 その2

2007年01月20日

午後の部で、玉川大学ミツバチ科学研究施設の松香教授

の講演がありました。

松香教授は、日本のミツバチ関連の研究では日本で1番の

方であると思っています。

日本のミツバチ関連での松香教授の功績は大きかったと思います。

SN370002.jpg

特別講演のテーマは

「アピセラピーという考え方」

アピ(ミツバチ) セラピー(治療)という訳になると思いますが

はちみつ・ローヤルゼリー・プロポリス・花粉などの蜂産品は

もとより、蜂針治療、女王蜂フェロモンなども含む広い意味での

ミツバチの恩恵療法とでもいいましょうか!

まだまだ研究の議題が山済みですが、大変興味深い内容でした。