オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>ありがたいお客様

ありがたいお客様

2007年01月09日

昼食を済まして会社に戻ってくると、事務の女性スタッフが

どうもお客様からお叱りの電話をうけている様子。

半ベソになりながらも精神誠意お客様に対応している姿が

とても印象的でした。<おいコラ!それどころじゃないんじゃないの?>

とお思いでしょうが、弊社では商品等のクレームがあった場合の対応手順

があり、明らかにそのようなクレームではないようなので私もそのようなこと

を考えている余裕があったのです。

しばらく別の場所で仕事をして、20分位して戻ったらまだお客様と話が続いて

いました。

私 「これはお客様からのありがたい話だ。」と直感し、


電話を変わってもらうことにしました。


お客様のお怒りの内容は、端的に言いますと「パッケージデザイン」のことでした。

そのお客様は以前購入したパッケージデザインがとても気に入っていたのに、今回

購入していただいた商品のパッケージデザインが気に入らないという内容でした。

弊社でもデザインの重要性は理解しており、よりよくなるようスタッフが考えているのです

がやはりお客様の意見は違うのです。

メーカー目線とお客様目線のギャップというようなものなのでしょうか?

すぐにデザイン変更とはいかないですが、水谷養蜂園には本当に意見を言ってくれる

「すばらしいお客様」とそれに誠心誠意対応するスタッフがいます。