オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>盗蜂(とうほう)

盗蜂(とうほう)

2006年07月24日

雨が続きますね!!

この時期、私たち養蜂家の一番の心配事は、「盗蜂」なのです。

盗蜂って何って声が聞こえてきそうですが、読んで字のごとく「ミツバチがはちみつを盗む。」

ということなんです。ますます分かりませんよね??

本来、ミツバチはお花畑から花の蜜を吸って巣に持ち帰ってはちみつを作るのです。

しかし長雨などが続くと、花の蜜が噴かなくなり花蜜が取れなくなりミツバチ達は、

別のところに蜜を求めだすのです。

この現象が、盗蜂ということになるのです。

強いミツバチの群が弱いミツバチの群のはちみつを盗んでしまったりするのです。

この盗蜂が一回発生してしまったら、私たち養蜂家でも押さえることができないくらい

大変なことになるのです。弱いミツバチの群に強いミツバチが群がり(当然機嫌が悪いので、
刺しにくるし)はちみつを奪ってしまうのです。

なんとも弱肉強食ってな感じです。

私たちが出来ることは、蜜切れを起こさないように巣箱の内検をこまめにおこない、
長雨が終わり早く蜜がふくことを祈るだけ!!

と人間の無力さを感じるわけです。