オンラインショッピングサイトはこちら

ホーム>養蜂家の徒然>養蜂家誕生

養蜂家誕生

2006年07月18日

ある日、会社に1本の電話が鳴りました。

当然ややこしい内容の電話は私に回ってくるのですが、内容を聞いたら「ミツバチを飼いたい」との

こと。この手の電話は弊社には、年間10件くらい掛かってきます。

大抵、2つのパターンがあり、昔養蜂をやっていた方か話しを聞いてあきらめる方。

この方は養蜂未経験者なのですが、やってみたいの一点張り。

私は、素朴な疑問として「何故そこまでして、ミツバチを飼いたいのですか?」と聞いてみました。

するとその方は、「子供に食べさせたいんです!!」と。

よくよく話を聞くと、お子さんが大のハチミツ好きらしく、父親としてなんとか自分の採ったハチミツを

子供に食べさせたいとの事。

思わず私自身少し感動してしまい。

「今から会社の来れますか?」といってしまいました。

30分もしないうちに会社にこられ、熱心に話を聞いていかれました。

なんとか、この夏にお子さんにハチミツを食べさせられたらいいですが??

出来る範囲の協力はしようと思いました。

PS その方に私のブログに顔をのせるのでと写真をとったのですが、本人の希望により
のせることが出来ず残念です。
次回こっそり撮ろうかな!!